寄港地観光ツアー

01U9 のとじま臨海公園水族館
コスタクルーズコスタ ネオロマンチカ
所要時間: 約 7 時間

このツアーでは、ご家族で楽しめる場所に訪れます。

のとじま臨海公園水族館は、能登半島近海に生息する約500種4万匹の生き物を飼育しています。イルカやアシカショー、ラッコの餌やり、ペンギンの散歩、鯛の光と音の世界など、水族館のさまざまなアトラクションやアクティビティに時が経つのを忘れてしまうほどです。道の駅「能登食祭市場」では、お食事、観光、ショッピングをすべて一箇所でお楽しみ頂けます。新鮮な海産物をお求め頂ける生鮮市場、能登銘産・工芸館、能登の祭りを体験できる能登祭歳時館、能登の味を楽しめるグルメ館があります。

能登食祭市場を訪れた後は、千里浜なぎさドライブウェイと呼ばれる人気のドライブウェイをドライブします。このなぎさドライブウェイは、全長8kmで道路幅が50mあります。この道路は、砂浜の上を快適にドライブするのに十分な固さをもつ粒のそろった細かい砂でできています。

このツアーでは、ご家族で楽しめる場所に訪れます。

のとじま臨海公園水族館は、能登半島近海に生息する約500種4万匹の生き物を飼育しています。イルカやアシカショー、ラッコの餌やり、ペンギンの散歩、鯛の光と音の世界など、水族館のさまざまなアトラクションやアクティビティに時が経つのを忘れてしまうほどです。道の駅「能登食祭市場」では、お食事、観光、ショッピングをすべて一箇所でお楽しみ頂けます。新鮮な海産物をお求め頂ける生鮮市場、能登銘産・工芸館、能登の祭りを体験できる能登祭歳時館、能登の味を楽しめるグルメ館があります。

能登食祭市場を訪れた後は、千里浜なぎさドライブウェイと呼ばれる人気のドライブウェイをドライブします。このなぎさドライブウェイは、全長8kmで道路幅が50mあります。この道路は、砂浜の上を快適にドライブするのに十分な固さをもつ粒のそろった細かい砂でできています。

阅读更多
read more icon
大人 $89/子供 $66.75(ドル)
01V2 アートギャラリーツアー
コスタクルーズコスタ ネオロマンチカ
所要時間: 約 4 時間

プリモリエの州都ウラジオストクは、軍の基地として19世紀中盤に設立され、モスクワやサンクトペテルブルクのようなロシアの主要都市よりも、ずっと新しい都市です。太平洋の主要なロシア港となりました。約70万人の人口を有する今日、プリモリエの州都であり、ロシア太平洋艦隊の沿海州でもあります。中国や韓国、日本に近い立地のため、ウラジオストクは早くから国際貿易、外交、共同事業の中心地でした。ウラジオストクは、半島、岬、断片化した海岸線を形成する数多くの島々があり、丘を登り、この海を見下ろしながら、壮大な景観をお楽しみください。丘と海が絶景を織り成します。今ではロシアで最も重要な地域センターの1つです。ヨーロッパスタイルの都市のうち、ここはアジア太平洋地域に最も近い都市です。極東ロシアとアジアとの交差点に位置し、船や飛行機、電車で世界中から観光客を受け入れています。バスは「鷲の巣」のふもとに移動します。ニックネーム「鷲の巣」は、最初の入植者が丘の上を登ったときに、ひなのいる鷲の巣を見つけたことによって名づけられました。ノルウェーの極地探検家フリチョフ・ナンセン(1861―1930)は、ウラジオストクを訪れた際、こう記しています。「ウラジオストクの海からの景色は非常に美しい。ここより美しい場所が他にあるだろうか。高台の景色は非常にナポリに似ている。」と。それは事実です。ヴェスヴィオ山こそありませんが、壮大な港と美しい島々があります。水路の美しい景色や、ピーター・ザ・グレート・ベイに点々と浮かぶ丘陵の島々は、絶景です。宝石を青いベルベッドにまき散らしたように22の島々が街へと広がり、まるで海の女王のようです。数多くの半島や岬、島々-海岸線の断片-、そして路地や丘に登る細道、水を見おろす景色。ウラジオストクは、雄大な街並みを楽しむことができます。お土産店では、手作り民芸品や工芸品(カラフルなショールやロシアのサモワール、漆箱、伝統的なロシア人形のマトリョシカ、塗装されたトレーや宝石、木製品や琥珀の製品など)を見たりお土産に買ったり、お楽しみください。ツアーはゴールデンブリッジに向かいます。ゴールデンブリッジは、ゴールデン・ホーン・ベイのユニークな建築物であり、都市部と連邦道路ネットワークとを結ぶ堅固な交通手段です。この橋の建設は2008年7月25日に始まりました。全長は2.1km、海抜737mです。その構造は、192の橋梁用ケーブル、12の柱、そして2つの塔で支えられています。7つの世界最長ケーブル吊り橋の1つです。そして、もちろん中央広場は写真スポットです。1960年代にできた中央広場は、正式には「極東におけるソ連戦闘員の広場」として知られています。広場にはトランペッターの像があります。これはウラジオストクのシンボルで、お土産のピンバッジや本、ブローチなどによく描かれています。この広場は2つの主要道路の交差点にあり、プリモルスキー地方の下院管理委員の拠点です。様々な会議、デモンストレーション、農業市が行われます。中央広場から徒歩で数分のところに「Primorye State Art Gallery」があります。「Primorye State Art Gallery」のホールを巡りましょう。ここはロシア極東の文化の宝と言われています。18〜20世紀のロシア、ソ連、西ヨーロッパの絵画のめずらしい作品が保管されています。この美術館にはとても貴重な装飾がほどこされており、正にこれらの作品にふさわしい美術館です。ギャラリーは1966年にオープンしました。しかし、もともとのコレクションは、1930年代に遡る、「V.K . Arsenyev Museum of Local Lore」の芸術部門で、モスクワやサンクトペテルブルクの有名な美術館の、100点を超える珍しい絵画や美術作品が送られました。伝説のトレチャコフ美術館、ロシア美術館、エルミタージュ美術館、美術アカデミーは、その宝物をウラジオストクと共有した博物館の1つです。これらの貴重なビジュアルアート作品のために別のギャラリーを作って、他の博物館の展示物と区別しやすいようにすることが決定しました。今日では、ウラジオストク美術館の大幅に拡大したコレクションには、世界の多くの美術館が羨望する貴重な作品が保管されています。また、ウラジオストクの有名歌手の歌が流れ、あなたはこの古い町のロマンスに感嘆することでしょう。活力溢れる魅力的な声は、その時代の雰囲気に完全に夢中になってしまいます。この美術館の向かいには、ユル・ブリンナーの家があります。この3階建ての建物は、1910年に、ドイツ建築家G.ジュンヘンデンによって建設されました。ブリンナー家はスイスの企業家で、ウラジオストクとこの地域に大きな貢献をしました。有名なアメリカ俳優でありアカデミー賞受賞者でもあるユル・ブリンナー(1920-1985)がこの家で生まれたことは、注目に値します。彼の祖母はユダヤ系でした。1960年代にウラジオストクで映画「荒野の7人」が上映されたとき、多くの市民がこの有名な同胞の主演映画を見に来ました。非常に才能があるが、苦悩も負ったユルブリンナー。多くの困難にも直面し、人生の浮き沈みを経験しています。その後、通りを渡って(徒歩)、アルセーニエフ博物館に行きます。ここは都市の歴史的中心部に位置する、極東・東シベリア最大の博物館です。現在の場所で、このアルセーニエフ博物館の建物はいくつかの目的を果たしてきました。革命前は、地域的に「バービンツェフの家」として知られており、取引所 「Brynner, Kuznetsov and Co.」の一部でした。
この建物には、シベリア貿易銀行が入っていて、他にも様々な店舗やアパートもあります。1930年には、「太平洋漁業研究所」に渡されました。
現在は、アルセーニエフ博物館が、この建物全体を所有しています。地域研究に焦点が置かれています。この博物館では、プリモルスキー地方の豊かな歴史とプリモリエに生息する先住民の文化に関する貴重な資料が展示されています。この博物館のコレクションは、この地域における探検と定住の歴史、そしてもっと最近の歴史も展示されています。この後は、中央広場に戻り、バスに乗り桟橋へ向かいます。

プリモリエの州都ウラジオストクは、軍の基地として19世紀中盤に設立され、モスクワやサンクトペテルブルクのようなロシアの主要都市よりも、ずっと新しい都市です。太平洋の主要なロシア港となりました。約70万人の人口を有する今日、プリモリエの州都であり、ロシア太平洋艦隊の沿海州でもあります。中国や韓国、日本に近い立地のため、ウラジオストクは早くから国際貿易、外交、共同事業の中心地でした。ウラジオストクは、半島、岬、断片化した海岸線を形成する数多くの島々があり、丘を登り、この海を見下ろしながら、壮大な景観をお楽しみください。丘と海が絶景を織り成します。今ではロシアで最も重要な地域センターの1つです。ヨーロッパスタイルの都市のうち、ここはアジア太平洋地域に最も近い都市です。極東ロシアとアジアとの交差点に位置し、船や飛行機、電車で世界中から観光客を受け入れています。バスは「鷲の巣」のふもとに移動します。ニックネーム「鷲の巣」は、最初の入植者が丘の上を登ったときに、ひなのいる鷲の巣を見つけたことによって名づけられました。ノルウェーの極地探検家フリチョフ・ナンセン(1861―1930)は、ウラジオストクを訪れた際、こう記しています。「ウラジオストクの海からの景色は非常に美しい。ここより美しい場所が他にあるだろうか。高台の景色は非常にナポリに似ている。」と。それは事実です。ヴェスヴィオ山こそありませんが、壮大な港と美しい島々があります。水路の美しい景色や、ピーター・ザ・グレート・ベイに点々と浮かぶ丘陵の島々は、絶景です。宝石を青いベルベッドにまき散らしたように22の島々が街へと広がり、まるで海の女王のようです。数多くの半島や岬、島々-海岸線の断片-、そして路地や丘に登る細道、水を見おろす景色。ウラジオストクは、雄大な街並みを楽しむことができます。お土産店では、手作り民芸品や工芸品(カラフルなショールやロシアのサモワール、漆箱、伝統的なロシア人形のマトリョシカ、塗装されたトレーや宝石、木製品や琥珀の製品など)を見たりお土産に買ったり、お楽しみください。ツアーはゴールデンブリッジに向かいます。ゴールデンブリッジは、ゴールデン・ホーン・ベイのユニークな建築物であり、都市部と連邦道路ネットワークとを結ぶ堅固な交通手段です。この橋の建設は2008年7月25日に始まりました。全長は2.1km、海抜737mです。その構造は、192の橋梁用ケーブル、12の柱、そして2つの塔で支えられています。7つの世界最長ケーブル吊り橋の1つです。そして、もちろん中央広場は写真スポットです。1960年代にできた中央広場は、正式には「極東におけるソ連戦闘員の広場」として知られています。広場にはトランペッターの像があります。これはウラジオストクのシンボルで、お土産のピンバッジや本、ブローチなどによく描かれています。この広場は2つの主要道路の交差点にあり、プリモルスキー地方の下院管理委員の拠点です。様々な会議、デモンストレーション、農業市が行われます。中央広場から徒歩で数分のところに「Primorye State Art Gallery」があります。「Primorye State Art Gallery」のホールを巡りましょう。ここはロシア極東の文化の宝と言われています。18〜20世紀のロシア、ソ連、西ヨーロッパの絵画のめずらしい作品が保管されています。この美術館にはとても貴重な装飾がほどこされており、正にこれらの作品にふさわしい美術館です。ギャラリーは1966年にオープンしました。しかし、もともとのコレクションは、1930年代に遡る、「V.K . Arsenyev Museum of Local Lore」の芸術部門で、モスクワやサンクトペテルブルクの有名な美術館の、100点を超える珍しい絵画や美術作品が送られました。伝説のトレチャコフ美術館、ロシア美術館、エルミタージュ美術館、美術アカデミーは、その宝物をウラジオストクと共有した博物館の1つです。これらの貴重なビジュアルアート作品のために別のギャラリーを作って、他の博物館の展示物と区別しやすいようにすることが決定しました。今日では、ウラジオストク美術館の大幅に拡大したコレクションには、世界の多くの美術館が羨望する貴重な作品が保管されています。また、ウラジオストクの有名歌手の歌が流れ、あなたはこの古い町のロマンスに感嘆することでしょう。活力溢れる魅力的な声は、その時代の雰囲気に完全に夢中になってしまいます。この美術館の向かいには、ユル・ブリンナーの家があります。この3階建ての建物は、1910年に、ドイツ建築家G.ジュンヘンデンによって建設されました。ブリンナー家はスイスの企業家で、ウラジオストクとこの地域に大きな貢献をしました。有名なアメリカ俳優でありアカデミー賞受賞者でもあるユル・ブリンナー(1920-1985)がこの家で生まれたことは、注目に値します。彼の祖母はユダヤ系でした。1960年代にウラジオストクで映画「荒野の7人」が上映されたとき、多くの市民がこの有名な同胞の主演映画を見に来ました。非常に才能があるが、苦悩も負ったユルブリンナー。多くの困難にも直面し、人生の浮き沈みを経験しています。その後、通りを渡って(徒歩)、アルセーニエフ博物館に行きます。ここは都市の歴史的中心部に位置する、極東・東シベリア最大の博物館です。現在の場所で、このアルセーニエフ博物館の建物はいくつかの目的を果たしてきました。革命前は、地域的に「バービンツェフの家」として知られており、取引所 「Brynner, Kuznetsov and Co.」の一部でした。
この建物には、シベリア貿易銀行が入っていて、他にも様々な店舗やアパートもあります。1930年には、「太平洋漁業研究所」に渡されました。
現在は、アルセーニエフ博物館が、この建物全体を所有しています。地域研究に焦点が置かれています。この博物館では、プリモルスキー地方の豊かな歴史とプリモリエに生息する先住民の文化に関する貴重な資料が展示されています。この博物館のコレクションは、この地域における探検と定住の歴史、そしてもっと最近の歴史も展示されています。この後は、中央広場に戻り、バスに乗り桟橋へ向かいます。

阅读更多
read more icon
大人 $90/子供 $67.5(ドル)
01V0 ウラジオストクについて
コスタクルーズコスタ ネオロマンチカ
所要時間: 約 4 時間

ウラジオストクは、極東ロシアで2番目に大きな都市であり、ロシアの中で最も神秘的かつ彩あふれる都市の一つです。ここは、帝政時代から極東のロシア要塞となっていました。金角湾の上にある丘のこの都市は、世界最長の鉄道、シベリア鉄道の終点です。ロシア太平洋艦隊の母港であるウラジオストクは、1992年まで閉ざされていました。この偉大な都市について多くのことをお話しするのも良いのですが、ご自身の目でぜひ実際にお確かめください。「鷲の巣展望台」ツアーで、このかつて閉ざされていた都市を訪れてみましょう。中央広場の街を一望できる展望台です。ここは、様々な会議やデモンストレーションが行われたり、潜水艦記念碑などがある場所です。プリモリエで最も美しい教会もあります。バスは、約4時間後に市の中央部にある接岸場所の桟橋(到着と同じ)から出発します。バスからは、この街の歴史的、近代的な部分を見る事ができます。優れた建築物が並ぶ、素晴らしい観光スポットです。ツアーは中央広場で少し止まり、鷲の巣展望台(頂上にはキリルとミフォディの像があります)に向かいます。金角湾の素晴らしい眺めをお楽しみください。ロシア正教会では、プリモリエの歴史やその市民、伝統、生活についてたくさん知る事が出来ます。1960年代にできた中央広場は、正式には「極東におけるソ連戦闘員の広場」として知られています。広場にはトランペッターの像があります。これはウラジオストクのシンボルで、お土産のピンバッジや本、ブローチなどによく描かれています。この広場は2つの主要道路の交差点にあり、プリモルスキー地方の下院管理委員の拠点となっています。様々な会議、デモンストレーション、農業市が行われます。ニックネーム「鷲の巣」は、最初の入植者が丘の上を登ったときに、ひなのいる鷲の巣を見つけたことによって名づけられました。ノルウェーの極地探検家フリチョフ・ナンセン(1861-1930)は、ウラジオストクを訪れた際、こう記しています。「ウラジオストクの海からの景色は非常に美しい。ここより美しい場所が他にあるだろうか。高台の景色は非常にナポリに似ている。」と。それは事実です。ヴェスヴィオ山こそありませんが、壮大な港と美しい島々があります。水路の美しい景色や、ピーター・ザ・グレート・ベイに点々と浮かぶ丘陵の島々は、絶景です。宝石を青いベルベッドにまき散らしたように22の島々が街へと広がり、まるで海の女王のようです。数多くの半島や岬、島々-海岸線の断片-、そして路地や丘に登る細道、水を見おろす景色など、ウラジオストクの雄大な街並みをお楽しみください。土産店では、手作り民芸品や工芸品(カラフルなショールやロシアのサモワール、狭箱、伝統的なロシア人形のマトリョシカ、塗装されたトレーや宝石、木製品や琥珀の製品など)を見たり、お土産に買ったり、お楽しみください。その後、地元の人々に人気のスポーツ・ハーバーの景色をお楽しみください。「ミリオンカ」は昔、たくさんの人のスラム街でした。離散した中国人や、橋の下に住む人々、犯罪者や密輸業者、中毒者、売春婦などの天国だったと言います。ここはウラジオストクの中でも最もエキゾティックな場所のひとつです。金貨の箱が2箱、「ミリオンカ」にあるどこかの建物にまだ隠されていると言われています。ゴールデンブリッジは、ゴールデン・ホーン・ベイのユニークな建築物であり、都市部と連邦道路ネットワークとを結ぶ堅固な交通手段となっています。この橋の建設は2008年7月25日に始まりました。全長は2.1km、海抜737mです。その構造は、192の橋梁用ケーブル、12の柱、そして2つの塔で支えられています。7つの世界最長ケーブル吊り橋の1つです。第二次世界大戦専用の施設に進みましょう。この施設の一部は、かつての潜水艦が保存されているもので、船体の一部が海軍博物館として営業しています。第二次世界大戦で命を捧げた人々に敬意を表し、新しい正教会の礼拝堂が数年前に建設されました。それは施設の領土に位置しており、ロシア正教会の伝統的な例となっています。教会の近くには、アーチがあります。このアーチは、ゼザレビッチ・ニコライのウラジオストク訪問に敬意を表して造られたものですが、ソビエト時代に破壊されました。原始的な建築やロシア様式の趣あるスタイルに、訪れた人々は驚くことでしょう。また、桟橋のバトル船でもゴールデンホーン湾の景色をお楽しみいただけます。とても近いところに、クズネツォフ司祭の記念碑があります。潜水艦記念碑の近くに位置する海軍本部は、その堅固な佇まいに魅了されるでしょう。

ウラジオストクは、極東ロシアで2番目に大きな都市であり、ロシアの中で最も神秘的かつ彩あふれる都市の一つです。ここは、帝政時代から極東のロシア要塞となっていました。金角湾の上にある丘のこの都市は、世界最長の鉄道、シベリア鉄道の終点です。ロシア太平洋艦隊の母港であるウラジオストクは、1992年まで閉ざされていました。この偉大な都市について多くのことをお話しするのも良いのですが、ご自身の目でぜひ実際にお確かめください。「鷲の巣展望台」ツアーで、このかつて閉ざされていた都市を訪れてみましょう。中央広場の街を一望できる展望台です。ここは、様々な会議やデモンストレーションが行われたり、潜水艦記念碑などがある場所です。プリモリエで最も美しい教会もあります。バスは、約4時間後に市の中央部にある接岸場所の桟橋(到着と同じ)から出発します。バスからは、この街の歴史的、近代的な部分を見る事ができます。優れた建築物が並ぶ、素晴らしい観光スポットです。ツアーは中央広場で少し止まり、鷲の巣展望台(頂上にはキリルとミフォディの像があります)に向かいます。金角湾の素晴らしい眺めをお楽しみください。ロシア正教会では、プリモリエの歴史やその市民、伝統、生活についてたくさん知る事が出来ます。1960年代にできた中央広場は、正式には「極東におけるソ連戦闘員の広場」として知られています。広場にはトランペッターの像があります。これはウラジオストクのシンボルで、お土産のピンバッジや本、ブローチなどによく描かれています。この広場は2つの主要道路の交差点にあり、プリモルスキー地方の下院管理委員の拠点となっています。様々な会議、デモンストレーション、農業市が行われます。ニックネーム「鷲の巣」は、最初の入植者が丘の上を登ったときに、ひなのいる鷲の巣を見つけたことによって名づけられました。ノルウェーの極地探検家フリチョフ・ナンセン(1861-1930)は、ウラジオストクを訪れた際、こう記しています。「ウラジオストクの海からの景色は非常に美しい。ここより美しい場所が他にあるだろうか。高台の景色は非常にナポリに似ている。」と。それは事実です。ヴェスヴィオ山こそありませんが、壮大な港と美しい島々があります。水路の美しい景色や、ピーター・ザ・グレート・ベイに点々と浮かぶ丘陵の島々は、絶景です。宝石を青いベルベッドにまき散らしたように22の島々が街へと広がり、まるで海の女王のようです。数多くの半島や岬、島々-海岸線の断片-、そして路地や丘に登る細道、水を見おろす景色など、ウラジオストクの雄大な街並みをお楽しみください。土産店では、手作り民芸品や工芸品(カラフルなショールやロシアのサモワール、狭箱、伝統的なロシア人形のマトリョシカ、塗装されたトレーや宝石、木製品や琥珀の製品など)を見たり、お土産に買ったり、お楽しみください。その後、地元の人々に人気のスポーツ・ハーバーの景色をお楽しみください。「ミリオンカ」は昔、たくさんの人のスラム街でした。離散した中国人や、橋の下に住む人々、犯罪者や密輸業者、中毒者、売春婦などの天国だったと言います。ここはウラジオストクの中でも最もエキゾティックな場所のひとつです。金貨の箱が2箱、「ミリオンカ」にあるどこかの建物にまだ隠されていると言われています。ゴールデンブリッジは、ゴールデン・ホーン・ベイのユニークな建築物であり、都市部と連邦道路ネットワークとを結ぶ堅固な交通手段となっています。この橋の建設は2008年7月25日に始まりました。全長は2.1km、海抜737mです。その構造は、192の橋梁用ケーブル、12の柱、そして2つの塔で支えられています。7つの世界最長ケーブル吊り橋の1つです。第二次世界大戦専用の施設に進みましょう。この施設の一部は、かつての潜水艦が保存されているもので、船体の一部が海軍博物館として営業しています。第二次世界大戦で命を捧げた人々に敬意を表し、新しい正教会の礼拝堂が数年前に建設されました。それは施設の領土に位置しており、ロシア正教会の伝統的な例となっています。教会の近くには、アーチがあります。このアーチは、ゼザレビッチ・ニコライのウラジオストク訪問に敬意を表して造られたものですが、ソビエト時代に破壊されました。原始的な建築やロシア様式の趣あるスタイルに、訪れた人々は驚くことでしょう。また、桟橋のバトル船でもゴールデンホーン湾の景色をお楽しみいただけます。とても近いところに、クズネツォフ司祭の記念碑があります。潜水艦記念碑の近くに位置する海軍本部は、その堅固な佇まいに魅了されるでしょう。

阅读更多
read more icon
大人 $75/子供 $56.25(ドル)
01V1 ウラジオストクのランドマーク
コスタクルーズコスタ ネオロマンチカ
所要時間: 約 4 時間

プリモルスキー地方の州都であるウラジオストクは、ロシアで最も興味深くカラフルな都市のひとつです。建物は、海へと落ちるような丘陵に沿って続いています。海は、深く複雑に土地を削り、ウラジオストクを素晴らしい景色にしています。ここは、ロシアの主要都市よりもずっと新しい都市ですが、現在ではロシアの最も重要な地域センターの1つとなっています。極東ロシアに位置し、アジアとの交差点に位置するこの都市は、1992年に開放されてからは世界中から観光客が訪れています。百聞は一見に如かず、ぜひご自身でこの素晴らしさご体感下さい。鷲の巣展望台、様々な会議やデモンストレーションが行われる中央広場の街を一望できる展望台を訪れるこちらのツアーに参加し、かつては閉ざされていたこの都市へお越し下さい。バスは、約4時間後に、市の中央部にある接岸場所の桟橋(到着と同じ)から出発します。車窓より、この街の歴史的、近代的な部分をご覧下さい。優れた建築物が並ぶ、素晴らしい観光スポットです。ツアーは中央広場に立ち寄り、鷲の巣展望台(頂上にはキリルとミフォディの像があります)へ向かいます。鷲の巣展望台からは金角湾の素敵な景色をお楽しみ下さい。次に、太平洋南側の防衛軍事基地として計画されていたウラジオストク要塞博物館(ご入館)に向かいます。観測基地や砲弾の設置が必要であるため、丘や高地は決定的な重要要素でした。そのおかげで、ボートや船は、見つからずに港に入ることができました。「Bezymyannaya」砲台は、数多くの軍事施設の1つです。ウラジオストク要塞博物館は街の中心にあり、Bezymiannaya丘の上にあります。都市を攻撃から守るために皇帝時代に使用されるようになった要塞のBezymyannaya砲台を見学しましょう。この旧砲台からは素晴らしい景色がご覧頂けます。アムール湾とウラジオストク中心部のすばらしい景観を、博物館の敷地から見ることができます。1960年代にできた中央広場は、正式には「極東におけるソ連戦闘員の広場」として知られています。広場にはトランペッターの像があります。これはウラジオストクのシンボルで、お土産のピンバッジや本、ブローチなどによく描かれています。この広場は2つの主要道路の交差点にあり、プリモルスキー地方の下院管理委員の拠点となっています。様々な会議、デモンストレーション、農業市が行われます。ニックネーム「鷲の巣」は、最初の入植者が丘の上を登ったときに、雛のいる鷲の巣を見つけたことによって名づけられました。ノルウェーの極地探検家フリチョフ・ナンセン(1861‐1930)は、ウラジオストクを訪れた際、こう記しています。「ウラジオストクの海からの景色は非常に美しい。ここより美しい場所が他にあるだろうか。高台の景色は非常にナポリに似ている。」と。それは事実です。ヴェスヴィオ山こそありませんが、壮大な港と美しい島々があります。水路の美しい景色や、ピーター・ザ・グレート・ベイに点々と浮かぶ丘陵の島々は、絶景です。宝石を青いベルベッドにまき散らしたように22の島々が街へと広がり、まるで海の女王のようです。数多くの半島や岬、島々-海岸線の断片-、そして路地や丘に登る細道、水を見おろす景色。ウラジオストクでは、雄大な街並みを楽しむことができます。お土産店では、手作り民芸品や工芸品(カラフルなショールやロシアのサモワール、狭箱、伝統的なロシア人形のマトリョシカ、塗装されたトレーや宝石、木製品や琥珀の製品など)を見たりお土産に買ったり、お楽しみください。その後、地元の人々に人気のスポーツ・ハーバーの景色をお楽しみください。ゴールデンブリッジは、金角湾の向かいにあるユニークな建築物であり、都市部と連邦道路ネットワークとを結ぶ堅固な交通手段となっています。この橋の建設は2008年7月25日に始まりました。全長は2.1km、海抜737mです。その構造は、192の橋梁用ケーブル、12の柱、そして2つの塔で支えられています。7つの世界最長ケーブル吊り橋の1つです。現代的で素晴らしいホールの、科学歴史博物館を散策しましょう(ご自身によるご訪問)。プリモリエ地方の、石器時代や中世の初期文明の歴史、思いもしないような驚くべき動物のコレクションなどをお楽しみください。博物館に行くだけの価値はあり、驚きの数々ともっと知りたいという気持ちでいっぱいになるでしょう。ホールの素晴らしさに魅了され、千年紀の風の中で多様性や組み合わせを生み出した創造的な自然の精神への称賛を感じ取ってください。この博物館の展示とコレクションは、ロシアのプリモルスキー地方の地理や歴史、自然と発展に焦点を当てています。オプションで、博物館の正面にある正教会を見ることができます。

プリモルスキー地方の州都であるウラジオストクは、ロシアで最も興味深くカラフルな都市のひとつです。建物は、海へと落ちるような丘陵に沿って続いています。海は、深く複雑に土地を削り、ウラジオストクを素晴らしい景色にしています。ここは、ロシアの主要都市よりもずっと新しい都市ですが、現在ではロシアの最も重要な地域センターの1つとなっています。極東ロシアに位置し、アジアとの交差点に位置するこの都市は、1992年に開放されてからは世界中から観光客が訪れています。百聞は一見に如かず、ぜひご自身でこの素晴らしさご体感下さい。鷲の巣展望台、様々な会議やデモンストレーションが行われる中央広場の街を一望できる展望台を訪れるこちらのツアーに参加し、かつては閉ざされていたこの都市へお越し下さい。バスは、約4時間後に、市の中央部にある接岸場所の桟橋(到着と同じ)から出発します。車窓より、この街の歴史的、近代的な部分をご覧下さい。優れた建築物が並ぶ、素晴らしい観光スポットです。ツアーは中央広場に立ち寄り、鷲の巣展望台(頂上にはキリルとミフォディの像があります)へ向かいます。鷲の巣展望台からは金角湾の素敵な景色をお楽しみ下さい。次に、太平洋南側の防衛軍事基地として計画されていたウラジオストク要塞博物館(ご入館)に向かいます。観測基地や砲弾の設置が必要であるため、丘や高地は決定的な重要要素でした。そのおかげで、ボートや船は、見つからずに港に入ることができました。「Bezymyannaya」砲台は、数多くの軍事施設の1つです。ウラジオストク要塞博物館は街の中心にあり、Bezymiannaya丘の上にあります。都市を攻撃から守るために皇帝時代に使用されるようになった要塞のBezymyannaya砲台を見学しましょう。この旧砲台からは素晴らしい景色がご覧頂けます。アムール湾とウラジオストク中心部のすばらしい景観を、博物館の敷地から見ることができます。1960年代にできた中央広場は、正式には「極東におけるソ連戦闘員の広場」として知られています。広場にはトランペッターの像があります。これはウラジオストクのシンボルで、お土産のピンバッジや本、ブローチなどによく描かれています。この広場は2つの主要道路の交差点にあり、プリモルスキー地方の下院管理委員の拠点となっています。様々な会議、デモンストレーション、農業市が行われます。ニックネーム「鷲の巣」は、最初の入植者が丘の上を登ったときに、雛のいる鷲の巣を見つけたことによって名づけられました。ノルウェーの極地探検家フリチョフ・ナンセン(1861‐1930)は、ウラジオストクを訪れた際、こう記しています。「ウラジオストクの海からの景色は非常に美しい。ここより美しい場所が他にあるだろうか。高台の景色は非常にナポリに似ている。」と。それは事実です。ヴェスヴィオ山こそありませんが、壮大な港と美しい島々があります。水路の美しい景色や、ピーター・ザ・グレート・ベイに点々と浮かぶ丘陵の島々は、絶景です。宝石を青いベルベッドにまき散らしたように22の島々が街へと広がり、まるで海の女王のようです。数多くの半島や岬、島々-海岸線の断片-、そして路地や丘に登る細道、水を見おろす景色。ウラジオストクでは、雄大な街並みを楽しむことができます。お土産店では、手作り民芸品や工芸品(カラフルなショールやロシアのサモワール、狭箱、伝統的なロシア人形のマトリョシカ、塗装されたトレーや宝石、木製品や琥珀の製品など)を見たりお土産に買ったり、お楽しみください。その後、地元の人々に人気のスポーツ・ハーバーの景色をお楽しみください。ゴールデンブリッジは、金角湾の向かいにあるユニークな建築物であり、都市部と連邦道路ネットワークとを結ぶ堅固な交通手段となっています。この橋の建設は2008年7月25日に始まりました。全長は2.1km、海抜737mです。その構造は、192の橋梁用ケーブル、12の柱、そして2つの塔で支えられています。7つの世界最長ケーブル吊り橋の1つです。現代的で素晴らしいホールの、科学歴史博物館を散策しましょう(ご自身によるご訪問)。プリモリエ地方の、石器時代や中世の初期文明の歴史、思いもしないような驚くべき動物のコレクションなどをお楽しみください。博物館に行くだけの価値はあり、驚きの数々ともっと知りたいという気持ちでいっぱいになるでしょう。ホールの素晴らしさに魅了され、千年紀の風の中で多様性や組み合わせを生み出した創造的な自然の精神への称賛を感じ取ってください。この博物館の展示とコレクションは、ロシアのプリモルスキー地方の地理や歴史、自然と発展に焦点を当てています。オプションで、博物館の正面にある正教会を見ることができます。

阅读更多
read more icon
大人 $85/子供 $63.75(ドル)
02JN オリジナルブレンドティー作り体験
コスタクルーズコスタ ネオロマンチカ
所要時間: 約 6 時間

こちらのツアーではオリジナルブレンドティー作りを体験します。最初に棚田にてお茶畑をご覧いただいた後に、長崎県東彼杵(ひがしそのぎ)町に向かいます。ここは、全国お茶まつり蒸し製玉緑茶の部門で、日本一に!お茶の生産地も長崎県一の量を誇るまさにお茶の町。東彼杵町では「グリーンティー」と「ツーリズム」を掛け合わせ【グリーンティーリズム】といって、お茶どころならではの旅の楽しみ方を提案しています。素晴らしい景観が広がる茶畑で散策したり、また好きな茶葉をブレンドしてオリジナルティーづくりをしたり、お茶づくしの体験内容です。この地域のお茶は急須の中で、丸くなった茶葉がゆっくりと開くため、2煎3煎まで美味しく飲むことができます。お買い物をしながら港に戻りますが、途中で千綿駅を通ります。ここは、九州で最も有名な海の見える駅です。青春18きっぷのポスターにも登場したそのホームからは、柵一つ遮るものなく海を望むことができます。

こちらのツアーではオリジナルブレンドティー作りを体験します。最初に棚田にてお茶畑をご覧いただいた後に、長崎県東彼杵(ひがしそのぎ)町に向かいます。ここは、全国お茶まつり蒸し製玉緑茶の部門で、日本一に!お茶の生産地も長崎県一の量を誇るまさにお茶の町。東彼杵町では「グリーンティー」と「ツーリズム」を掛け合わせ【グリーンティーリズム】といって、お茶どころならではの旅の楽しみ方を提案しています。素晴らしい景観が広がる茶畑で散策したり、また好きな茶葉をブレンドしてオリジナルティーづくりをしたり、お茶づくしの体験内容です。この地域のお茶は急須の中で、丸くなった茶葉がゆっくりと開くため、2煎3煎まで美味しく飲むことができます。お買い物をしながら港に戻りますが、途中で千綿駅を通ります。ここは、九州で最も有名な海の見える駅です。青春18きっぷのポスターにも登場したそのホームからは、柵一つ遮るものなく海を望むことができます。

阅读更多
read more icon
大人 $109/子供 $81.75(ドル)

注意事項:

  • 行程と料金はあくまでも参考となり、各港の滞在時間によっては行程が変更される場合がございます。
  • 行程の変更、料金の変更、ルートの変更につきましては事前の告知は致しかねます。
  • 最終的な行程やツアー情報につきましては、船内のツアーデスクにより確定されます。
  • 寄港地観光を事前にご予約したい場合は、MyCostaにてご確認ください。
TOPへ戻る