EnglishEN

コスタクルーズからのお知らせ

コスタルミノーザ イタリア・トリエステ港からクルーズを再開

アドリア海・ギリシャ クルーズへ

2021年5月16日 - コスタクルーズは、2021年の運航再開における2隻目の船として『コスタ ルミノーザ』(イタリア船籍)が トリエステ港から出航し、アドリア海およびギリシャへのクルーズを再開する最初の客船となったことを発表しました。

コスタ ルミノーザの一週間の旅程には、トリエステに加えバーリ(イタリア)と4つの美しいギリシャの都市:コルフ島・アテネ・ミコノス島・カタコロン/オリンピアへの寄港訪問が含まれています。 2021年11月中旬までの夏季と秋季に、計27回のクルーズが予定されています。また、今夏 本船を含めた合計4隻のコスタ船団にてクルーズを再開する予定です。

トリエステでは、コスタクルーズのマリオ・ザネッティ社長が、トリエステ市長のロベルト・ディピアッツァ氏、フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州議会議員のピエルパオロ・ロベルティ氏、トリエステ沿岸警備隊長のヴィンチェンツォ・ヴィターレ氏、トリエステ・ターミナル・パッセジェリ社CEOのフランチェスコ・マリアーニ氏などの地元関係者と共に、コスタ ルミノーザの再出発を祝いました。

「コスタ ルミノーザの再就航は、ヨーロッパで最も人気のある観光地のひとつであるアドリア海とギリシャへのクルーズの再開でもあり、イタリアを含む多くのヨーロッパ諸国や地中海東部の経済にとって非常に重要な事業が復活することになります。」 とコスタクルーズ社長のマリオ・ザネッティが表明。「緊急事態による運航停止前、当社は約130億ユーロの経済効果を生み出し、63,000人以上の雇用創出をしていました。 コスタ ルミノーザのホームポートとなるトリエステは、常に私たちを温かく迎えてくれる街であり、今後も私たちにとってより重要な都市であり、持続可能な発展と質の高いゲスト・エクスペリエンスを促進する 未来への取り組みを見ています。」

健康と安全のための手順は、Costa Safety Protocol(コスタ セーフティ プロトコル)の採用によって強化されました。 このプロトコルには、船上および陸上でのクルーズ体験のすべての側面に関する運営上の対策が含まれています。 これらの具体的な対策とは、ゲスト数の削減、乗船前と乗船前と乗船日程の半分が過ぎた後に全てのゲストを対象としたSWABテスト(綿棒による拭取検査)、乗組員を対象とした乗船前と船内滞在中の定期的なSWABテスト、毎日の検温、ゲストの下船時と再乗船時およびレストラン入店時の温度チェック、保護されたエクスカーションによる目的地への訪問、船内およびターミナルでのソーシャルディスタンスの取り方、船内サービスの新しい利用方法、衛生管理と医療サービスの強化、必要に応じた防護マスクの使用などが含まれています。

ホリデー・エクスペリエンスでは、コスタクルーズのゲストのみに用意された、未踏の地を発見できるようなエクスカーションプログラムを一新したほか、コスタ ルミノーザが寄港する場所に関連した料理を提供する新しいメニューの提案など、新しい体験をお楽しみいただけます。

コスタ ルミノーザは、2021年夏に運航される4隻のコスタ船団のうちの2隻目の船で、地中海でのクルーズを提供します。 過日5月1日には、旗艦船「コスタ スメラルダ」がイタリア国内を巡る旅程でサボナ港を出発し、来る6月26日には、「コスタ デリチョーザ」がギリシャでの一週間クルーズを再開します。続く7月4日には、フィレンツェ・ルネッサンスをイメージした新造船「コスタ フィレンツェ」によるイタリアでの一週間の旅程クルーズが運航されます。 また、7月3日からはコスタ スメラルダが海外航路に復帰し、イタリア、フランス、スペインを巡る一週間のクルーズを実施します。

“トリエステは、コスタクルーズの再就航を歓迎します。近年、私たちはコスタ社と非常に重要な協力関係を築いており、この美しい街にコスタ社の船の定期的な寄港受け入れを整えています。コスタクルーズが再開できたことはとても嬉しく、観光都市トリエステに観光客が戻ってきたことを意味します。”
―トリエステ市長 ロベルト・ディピアッツァ氏

“トリエステからのコスタクルーズ再開は、地元経済の回復を示す多くの明るい兆しの一つです。トリエステは、イタリアの他の芸術都市と同様パンデミックの影響を強く受けていますが、徐々に通常の状態に戻りつつあります。トリエステとフリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州は、安全対策と共に観光客を迎え入れる準備ができています。”
―フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州議会議員 ピエルパオロ・ロベルティ氏

“トリエステ・クルーズ・ターミナルは、コスタ ルミノーザと共に再開します。トリエステ港からのクルーズ再開は、市や地域の観光客の増加につながると確信しており、すべての当局やオペレーターと共に最大限の努力をしてきました。”
―トリエステ・ターミナル・パセゲリ社CEOフランチェスコ・マリアーニ氏

“昨年に引き続き、2021年にもCOVID-19の学際的プロトコルの実施に貢献していきます。 我が国の経済にとって非常に戦略的なクルーズ事業の再開を大いに歓迎し、安全なクルーズを保証するために設定された特別なルールを尊重し港湾運営への貢献をコミットします。”
―トリエステ沿岸警備隊 ヴィンチェンツォ・ヴィターレ隊長

COSTA SAFETY PROTOCOL:(英語表記)はこちらから

以上

コスタクルーズ 日本支社

プレスリリースへ戻る
C-Letter メルマガ会員募集 コスタクルーズをより身近に感じていただけるニュースやお得な情報をお届けします。

TOPへ戻る